ビフィズス菌とその役割

腸内環境を改善すると、アレルギーや花粉症、インフルエンザ、風邪、ガン予防、成人病防止などの効果があると言われています。

腸は体内の排泄物を対外に排泄する役割を担う大切な臓器で、この臓器の働きが鈍くなると排泄物を対外に排泄できず便秘になり体調がくずれてしまうのは言うまでも無いことです。

ではどうすれば腸は元気に働くようになるのでしょうか?

腸には善玉菌、中間菌、悪玉菌の大きく分けて3種類の菌があります。

善玉菌は名前の通り腸内環境を整える善良な菌なのです。

その菌は「ビフィズス菌」

と「乳酸菌」

などが挙げられますが、皆さんも1度は耳にしたことがあると思います。

このビフィズス菌や乳酸菌はヨーグルトや乳製品、発酵食品に多く含まれていて整腸作用や消化吸収促進、ビタミン・有機酸の生成などの働きがあるので、健康な体を維持するには必要となる菌なのです。

そして中間菌は「バクテロイデス菌」

「非病原性大腸菌」

などが挙げられます。

この中間菌は未消化物を分解する働きがあります。

腸内菌には大きく分けて3種類あります。

1つ目は腸内環境を整える善玉菌、2つ目は消化吸収を促進させる中間菌、3つ目は腸内に有害物質を生成する悪玉菌です。

この他にもまだ生理機能がわかっていない菌がたくさん腸内にはあり、この菌たちがせめぎあってバランスをとった状態を保っているのです。

この善玉菌であるビフィズス菌には乳酸や酢酸などの有機酸を生成することがわかっていて、この酢酸には強い殺菌効果があり腸内の悪玉菌の増殖を防ぐ効果があると言われています。

この悪玉菌は腸内環境を悪化させる菌なので、増えてしまうと腐敗臭を放し、健康被害を起こしてしまいます。

酢酸はお酢からも摂取することができますが、お酢は腸に届く前に体内に吸収されてしまうので、腸内で酢酸を生成するビフィズス菌を摂取するほうが悪玉菌を抑制させるには効果があるようです。

病原性大腸菌O-157は恐ろしい大腸菌で知られていますが、大腸菌と闘うのはビフィズス菌なのです。

詳しくはこちらをご覧ください。

ビフィズス菌を試してみませんか?